一般社団法人静岡市静岡医師会は、静岡市の医療機関情報、
休日救急当番医など、健康にかかわる情報を発信しています。

文字の大きさ

お知らせ

薬剤耐性菌(AMR)を知っていますか?~抗生物質・抗菌薬が効かなくなる未来を防ぐために~

近年、抗菌薬(抗生物質)が効かない薬剤耐性(AMR)を持つ細菌が世界中で増えていることをご存知ですか? 今、細菌感染症の治療において大きな問題となってきています。  
抗菌薬は、細菌感染症の治療において重要な役割を担っています。しかし、抗菌薬の不適切使用により抗菌薬が効かない薬剤耐性菌が増えると、感染症の治療が難しくなり、重症化し時に死に至る可能性が高まります。また今までは新しい抗菌薬が次々と開発されてきましたが、最近はなかなか開発されなくなっています。このままですと、将来薬剤耐性菌による死亡が、がんによる死亡を上回ってしまうことが危惧されています。
そこで我が国では、2016年に「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」が取りまとめられ、薬剤耐性の発生を遅らせ、拡大を防ぐための取り組みが開始されました。静岡市静岡医師会では、「日常診療で経口抗菌薬を処方する機会の多い一般開業医が、率先して抗菌薬適正使用に取り組まなければならない」という思いから、2017年より会員の先生に対して抗菌薬適正使用の啓蒙活動を開始いたしました。さらに、抗菌薬適正使用について、抗菌薬を処方する医師のみならず一般市民の皆様にも広く知っていただくために、今回ホームページに掲載しました。
皆様がかぜをひいた時、抗菌薬は必要でしょうか? かぜのほとんどはウィルスが原因ですから、抗菌薬はほとんど必要がないのです。かかりつけ医を受診した際、「かぜなので抗菌薬はいりませんよ」と言われたら、その先生はあなたのこと、そして将来のことを一生懸命感考えてくれているのだと思ってください。
皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

外部リンク
AMR臨床リファレンスセンター 「一般の方へ」
http://amr.ncgm.go.jp/general/

AMR臨床リファレンスセンター 「インフォグラフィックで知る! 薬剤耐性(AMR)」
http://amr.ncgm.go.jp/infographics/

免許を取ろう! 第三級短縮コース養成課程講習会のご案内

第三級アマチュア無線技士の養成課程講習会の新制度がはじまり、三アマ取得が身近になりました。四アマの方はこの機会にステップアップをお勧めいたします。

第三級アマチュア無線技士は空中線電力が50ワット以下、運用できる周波数に制限があるものの全モードで運用ができ、モールス符号による実技試験がなくなったことで、第四級アマチュア無線技士の従事者資格を取得している方であれば、どなたでも受講することができます。
短縮コースにより1日(法規4時間、無線工学2時間、修了試験)で講習会は終了します。

 

★日程

講義・修了試験
2018年11月18日()9時00分~18時35分
場所
静岡市静岡医師会館 3階講堂

★費用と講習会名称

受講費用
12,750円(申込資格:第四級アマチュア無線技士)

第三級アマチュア無線技士養成課程講習会(国家試験免除)

注意
  1. 1. 全てを受講しないと修了試験を受けられません。
  2. 2. 修了試験に合格しないと資格はもらえません。
  3. 3. 短縮コースでは【補講】がありません。【遅刻=失格】
  4. 4. 無線従事者免許証の氏名が変更の場合は受講日までに
    変更手続きを完了してください。

(全国の合格率は90%以上です。)

★申込方法等

申込方法 【第3級用】(PDF)

★ 問合せ先および申し込み先

問合先
静岡市静岡医師会 担当者 西條 TEL 054-245-6136
申込先
〒420-8603
静岡市葵区東草深町3-27  (アイセル21裏)
静岡市静岡医師会  TEL 054-245-6136

定員(60名)になり次第、募集を締め切りますので、お早めにお申し込み下さい。

静岡市静岡医師会ハムクラブ JI2ZLH

「イーツーネット医療連携システム」紹介ページをリニューアルしました

今まで静岡市の病診連携システムに関する情報を外部リンクのホームページでご紹介しておりましたが、この度本会ホームページ内に専用ページを作成し内容も大幅に刷新して公開しておりますので、是非ご参照ください。

イーツーネット医療連携システム

静岡市内の会場で講演会等の開催を検討されている方へ

静岡市葵区・駿河区で講演会等の開催を検討されている場合講演会のご案内のページをご参照ください。

ハムへの最短コース 第四級標準コース養成課程講習会のご案内

第四級アマチュア無線技士の資格を国家試験免除で取得できる「第四級標準コース講習会」を下記の日程・要領で行います。

アマチュア無線は、災害時にライフラインが止まっても唯一使用可能な通信手段であり、地震などの大規模災害時においてアマチュア無線が情報伝達に貢献した例は世界的にも数知れません。
一方、トランシーバーは小型化され、胸ポケットに入るものも市販されており、登山、釣り、ハイキングや、ツーリング、スキー、スノーボードなどの合間にも手軽に楽しむことができます。
スポーツ、レジャーに、そして災害時の非常通信方法としていままでにない楽しい世界をアマチュア無線で体感してみませんか?

 

★日程

講義
2018年7月29日() 9時00分~16時40分
場所
静岡市静岡医師会館 3階講堂
講義・修了試験
2018年8月5日()9時00分~16時45分
場所
静岡市静岡医師会館 3階講堂

★費用と講習会名称

受講費用
22,750円(申込資格:だれでも受講できます)
※18歳以下の方は7,750円

第四級アマチュア無線技士養成課程講習会(国家試験免除)

注意
  1. 1. 10時間受講しないと修了試験を受けられません。
  2. 2. 修了試験に合格しないと資格はもらえません。
  3. 3. 1時間以内欠席の受講者に対して補講を行います。
    (これまでの合格率は90%以上です。)

★ 問合せ先および申し込み先

問合先
静岡市静岡医師会 担当者 西條 TEL 054-245-6136
申込先
〒420-8603
静岡市葵区東草深町3-27  (アイセル21裏)
静岡市静岡医師会  TEL 054-245-6136

定員(60名)になり次第、募集を締め切りますので、お早めにお申し込み下さい。

静岡市静岡医師会ハムクラブ JI2ZLH

認知症ケアのための連携ツール“ふじのくに「ささえあい」手帳”について

団塊の世代が75歳を迎える2025年に向けて静岡県における高齢化率は年々上昇し、認知症の患者さんも、高齢者の「7人に1人」という現在の割合から2025年には「5人に1人」に増加していると試算されています。

その対策の1つとして、平成27年度の静岡県『認知症ケア多職種連携体制整備事業』により、医療や介護等の専門職による適宜・適切な情報共有を目的に『ふじのくに「ささえあい」手帳』が作成されました。

この手帳は認知症の患者さんに交付され、ご本人やご家族に持っていていただくものです。
医療機関受診時や介護サービス利用時等にご提示いただき、関連職種が他職種の記載内容を確認したり新たに把握した状態を記載する等【情報共有ツール】として利用することにより、多職種による支援体制の構築や家族支援の推進が期待されています。

平成28年度は、静岡県下8つの郡市医師会、及び3カ所の認知症疾患医療センターにおいて試験運用が実施され、実際に使ってみた感想や問題点から改良等を検討した上で、平成29年度以降全県で運用・普及活動が行われる予定です。

静岡市静岡医師会においても、下記の地域包括圏域で試験運用を行うこととなりました。
5つの圏域で1診療所3名、計15名の患者さんを選定して実施します。

【試験運用実施医療機関】所在圏域: 城東、城西、麻機千代田、長尾川、長田

つきましては、本手帳を提示された患者さんの医療・介護に携わる職種の方々には、上記事情をご理解いただき、積極的に手帳をご活用くださいますようご協力をお願いいたします。

【ケアマネジャーの方へ】
主治医より本手帳が交付された患者さんについて連絡がありましたら、その患者さんが受ける各介護サービス職種へ、手帳が交付された旨周知にご協力いただきたくお願いいたします。

ホームページをリニューアルしました

静岡市静岡医師会のホームページをリニューアルしました。
それに併せてURLも下記のとおり変更しました。

パソコンのお気に入りへの登録やホームページでリンク先として掲載されている場合等には、
新URL http://shizuoka-city-med.or.jp/
に変更をお願いします。

ページトップへ

Copyright© 一般社団法人静岡市静岡医師会 All rights reserved.